1. TOP
  2. ぜぜかんぽっちりのランチを実食|祇園祭のしみだれ豚まんでも有名!

ぜぜかんぽっちりのランチを実食|祇園祭のしみだれ豚まんでも有名!

 2019/06/30 グルメ
この記事は約 3 分で読めます。 1,370 Views

祇園祭時には、祇園祭の風物詩にもなっている「しみだれ豚まん」を提供しているぜぜかんぽっちり

2019年の祇園祭は、7月13日~16日までがしみだれ豚まんの販売期間です。ものすごい行列です。

外観も店内も重厚感のある格式高そうな中国宮廷料理店ですが、勇気を出してランチに行ってきました。

ぜぜかんぽっちりの「ぜぜかん」は、漢字では、膳處漢と書きます。

場所は、四条錦小路を西へ行ったところです。

気になっている方は、是非チェックしみてください。

膳處漢ぽっちり

料金・メニュー

それなりのお値段がするコースメニューです。

四川麻婆豆腐膳を注文していたお客さんが多かった印象です。

ふかひれ麺(ほぐし):1800円。濃厚でボリュームたっぷり。ほぐしだけあって、フカヒレ感は少なめで甘めです。一人で食べるものではなく、2人で取り分けして食べるスタイルの方がいいですね。

ふかひれ麺を注文すると、肉まんを好きなだけサービスしてくれました。

ふかひれご飯(ほぐし):1800円。こちらもボリュームたっぷりです。ふかひれ麺に味は似ているので、わざわざ両方注文するのではなく、他のメニューを注文したほうがいいですね^^;

ふかひれご飯は、卵スープがついています。

小籠包:600円。普通においしいです。

焼餃子:600円。大きなサイズです。肉感たっぷりでおいしいです。

店内の雰囲気

格式高い昭和のレストランって感じです。

バーカンターもあり、奥に進むと接待に使えるような個室があります。

普通にレトロモダンで、ぜいたくなセレブ感のあるお店です。スタッフさんの対応も超一流とは言わないですが、スマートなので気持ちいです。

営業時間

【ランチ】
11:30~15:00(L.O.14:00)
【ディナー】
17:00~22:30(L.O.21:30)
※バー 17:00~24:00(L.O.23:30)
※天候・シーズン等により変更となる場合がございます。
日曜営業

定休日

無休 ※年末年始を除く

住所

京都府京都市中京区錦天神山町283-2

電話番号

075-257-5766

駐車場

まとめ

取引先との会食や、年配の方とのランチに使うにはピッタリの素敵なお店です。

とにかく、お店の存在自体に歴史の重みというかレトロ感があり、なんと形容していいかわからないのですが、山崎豊子の白い巨塔的な雰囲気のところです。

お店は、予約できますので、予約していくことをおすすめします。

奥の方の個室がおすすめですが、2人では難しいとおもいます。電話でよく確認してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

プライスレス京都|価値ある京都情報発信メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プライスレス京都|価値ある京都情報発信メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

プラ京編集部

プラ京編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二条の中華料理といえば大鵬|噂のてりどんの実力は本当?

  • 四条烏丸で中華そば食べるなら萬福!ラーメンの原点ここにあり?

  • 新京極の居酒屋といえば京極スタンド!昼呑み・一人飲みにもおすすめ

  • ソワレ外観

    西木屋町のゼリーポンチといえばソワレ|インスタ映え間違いなし!

関連記事

  • エフィッシュ店内

    【穴場】五条でまったりカフェしたい方はエフィッシュがおすすめ

  • 出町ふたば外観

    出町柳の豆餅といえば!出町ふたば|料金や車でのアクセス・駐車場は?

  • 梅小路カフェ BOSSCHEパンケーキ

    京都水族館周辺のおすすめカフェ|パンケーキならボッシェで決まり

  • とり安のランチはコスパ抜群|実食レポでガチ口コミを公開!

  • マルシン飯店外観

    【行列必至】マルシン飯店の実力って本物?|絶賛される天津飯とは?

  • 京都つゆしゃぶCHIRIRI本店外観

    京都のつゆしゃぶといえば!丸太町のちりり!ランチ接待にも最適!