1. TOP
  2. 京都タワーの銭湯【割引券・料金】|京都駅前銭湯の穴場

京都タワーの銭湯【割引券・料金】|京都駅前銭湯の穴場

 2016/08/28 銭湯
この記事は約 3 分で読めます。 2,285 Views
京都タワー外観

京都駅の中央口にそびえ立つ京都タワーは誰もがご存知だと思いますが、その京都タワーの地下3Fに銭湯があることはあまり知られていません。

この京都タワー地下3Fの銭湯のことを大浴場~YUU~といいます。この銭湯でさっぱりしてから京都観光してみませんか?朝7時から営業しているので使い勝手いいですよ。

大浴場~YUU~

料金

大浴場~YUU~ご案内

【大人】平日:750円/土日祝:890円
【小人(2歳以上小学生以下)】全日:450円
※フェイスタオル1枚無料貸出してくれて、石けん、シャンプー、リンス、ボディソープ、基礎化粧品、ドライヤーは備え付けのものを無料で使えるので手ぶらで入浴料だけ持っていればOKです。

バスタオルが必要な方は、100円でレンタルできます。

割引券・クーポン

公式ページにあるクーポンをプリントアウト(印刷)するか、画面を見せると50円引きになります。私は、プリントアウトせずスマホで画面を見せるだけでOKでした。

営業時間

7:00~22:00 (最終入場21:30)

実際に行ってみたレポート

大浴場~YUU~券売機

京都タワービルの地下3Fに降りると、自動券売機があるのでそこで入浴券を購入します。その際にクーポンを持っている方、あるいはクーポンをスマホなどの画面で見せることができる方は、割引料金の方を選んで購入してください。(私が行った時は、土曜日で、クーポンを見せれる状態だったので840円をチョイスしました)

大浴場~YUU~入口

自動券売機のすぐ後ろに入口があるので入ると、すぐ右手に受付があるのでそこで入浴券とクーポンがある方はクーポンを渡すか画面を提示してください。そのタイミングでフェイスタオルを1枚貸してもらえます。

鍵付きの下駄箱があるので靴を入れます。

下駄箱の鍵は自分で持って、男の方は、男湯へ。女の方は女湯の方へ行くという流れになり、その中に脱衣場があります。もちろん鍵付きのロッカーがあるので、そこで服を脱いで入浴する流れになります。

注意点

サウナ・水風呂はありません。男風呂は真ん中に大きな浴槽があって、その周りに洗い場がある感じです。つまり、サウナ目的の方はこの銭湯は向いていません。また入墨・タトゥーを入れた方は入場できません。

メリット

メリットとしては、例えば新幹線や夜行バスで京都駅に来られて、時間調整する時などすごくいいと思います。受付で無料でキャリーバッグなども預かってもらえますし、受付前は休憩スペースもありカップルで行っても、そこで待っていることができます。

アクセス

大浴場~YUU~map

画像引用元:大浴場のご案内|Kyoto Tower 公式サイト

京都タワービルは、「京都タワー正面入口」「東入口」「南階段」「西入口」とありますが、いずれの入口からでも行けますが、西入口から入るとすぐにエレベーターがあるのでわかりやすいかと思います。

まとめ

雰囲気的には、古いレトロ感がある大衆浴場ですが、非常に清潔に保たれていますし、ゆっくり湯船に足を伸ばしてくつろげますし、綺麗に洗い場で洗ってすっきりとして出てこれます。脱衣場には、無料のドライヤーや綿棒などもありますのできちんと身だしなみを整えてから観光に繰り出すことができます。

平日でクーポンを出せば50円引きの700円で入浴できるので、クーポンは必須ですね!是非忘れずに活用してください。

\ SNSでシェアしよう! /

プライスレス京都|価値ある京都情報発信メディアの注目記事を受け取ろう

京都タワー外観

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プライスレス京都|価値ある京都情報発信メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

プラ京編集部

プラ京編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • LAVA西院店外観

    ホットヨガスタジオLAVA西院店の行き方と口コミと店舗情報!

  • スクールバスコーヒーストップでアメリカンスタイルカフェを楽しむ!

  • 西院の京都ランドリーカフェでおしゃれに決める!

  • あいつのラーメン かざぐるまの車での行き方|駐車場完備の人気店!

関連記事

  • ルーマプラザ店内

    四条河原町でサウナなら祇園のルーマプラザ|料金・駐車場・クーポン

  • 壬生温泉 はなの湯外観

    中京区で家族で行けるスーパー銭湯といえば「はなの湯」

  • くらま温泉入口

    くらま温泉|露天風呂コースの料金と予約【本音の口コミも掲載】