1. TOP
  2. 天龍寺の話題の雲龍図ってどう?|見どころと駐車場とアクセスを解説

天龍寺の話題の雲龍図ってどう?|見どころと駐車場とアクセスを解説

 2016/10/25 寺社仏閣
この記事は約 5 分で読めます。 2,553 Views

天龍寺は、足利幕府初代将軍・足利尊氏によって建立された、京都五山第一位の古都京都の文化財で、世界遺産登録されています。

嵐山観光の一つの目玉になるのが天龍寺になると思いますし、渡月橋まで歩いて5分程度なので天龍寺に車を停めて嵐山全体を観光する方も多いです。

嵐山の商店街を少し入れば行けますし、気楽に参拝できるスポットです。

特別参拝期間のみ公開している雲龍図でも話題のお寺です。

天龍寺の見どころ

法堂

img_1758
img_1762

天井に描かれた八方睨みの龍である「雲龍図」が有名です。日本画家加山又造画伯によるものです。

img_2791

img_2793

法堂(はっとう)に入るだけで、500円します。中は完全に撮影禁止ですのでパンフレットの画像を掲載します。

いわゆる上記のような龍の画が天井に描かれています。

友達を連れてきて、入口で目を閉じてもらい、迫力のあるところまでエスコートして、パット上を見てもらって目を開けてもらうと、サプライズになるかもしれません。

テレビでたまに撮影許可が入って放映されていて、長嶋一茂が上記のような演出をしていてものすごい迫力がテレビ上ではありましたが、実際はそうでもないです。ですから、友人などを連れて行く時は、サプライズをした方が喜ばれるかもしれません(笑)

雲龍図はむちゃくちゃ期待していくと500円は高いと感じられると思いますのでコスパ重視なら、法堂は、飛ばして庭園だけというパターンでも全然アリだと思います。

「雲龍図」を見ることを目的として天龍寺に来られた方は、特別参拝期間のみ公開しているので事前に公開日を公式ページで要チェックです。

天龍寺公式ページ

本堂(諸堂)

img_1763

img_1768

img_1806

本堂(諸堂)入口です。入って右手で参拝料の支払いをします。料金は、本堂参拝が300円(大人)で、庭園参拝が500円(大人)で合計800円(大人)です。庭園参拝のみですと500円(大人)です。
※小中学生は、本堂+庭園が600円で、庭園のみは、300円です。

img_1903

支払いを済ますと、左手に靴箱があるので、靴を脱いで入ります。

img_1770

入口に入ってすぐにある「達磨絵」です。禅宗の開祖、達磨大師を描いたものです。天龍寺のシンボル的存在です。

img_1774

大方丈にある龍の襖絵です。

img_1778

img_1780

大方丈から見る曹源池です。観光客がマックスに溜まる場所ですが、じっくりと座って見られるといいと思います。

庭園

庭園は、一度本堂を出てから違う入口から入ることになります。庭園参拝券を提示しましょう。

img_1813

庭園の入口です。

img_1783

お茶のCMに出てきそうな素晴らしい庭園が見られます。

img_1819

img_1820

曹源池には鯉も気持ちよさげに泳いでいます。もちろん餌をやったりしてはいけません。

img_1822

すごく整備された曹源池庭園を、疲れない程度にハイキングっぽく散歩できます。

img_1844

観音様の前にカエルが3匹並んでいる「愛の泉」というパワースポットもあります。真ん中のカエルの前にお皿があるのですが、そこをめがけてお賽銭して入ると倍になって返ってくると言われています。

img_1833

「硯石」を拝むと、書画が上達するということで全国から書道や水墨画などをやられている方がお参りに来られるようです。

img_1837

img_1848

北門の出口を出て、右へ行き、突き当りを右折してしばらく行くと、大きな通り(商店街)に出ますのでを右折すると天龍寺に戻れます。

また、北門の出口を出て、右へ行き、突き当りを左折すると、縁結びで有名な野の宮神社があり、そこもついでに参拝されると非常にいい観光になると思います。

車でのアクセス

烏丸通を北へ向かって走行します。丸太町通を左折して、ひたすらまっすぐ行きます。

map5

【スマホ:タップで拡大できます】

「丸太町清滝道」の交差点の次の信号を左折します。踏切を渡って数分で右手に天龍寺の入口が見えます。

しかし、ここの道(商店街)が土・日・休日が10時~17時まで北向き一方通行になるので、土・日・休日は、一歩手前の丸太町清滝道の交差点を左折します。

高架を走る感じになり、次の交差点「清滝道三条」を右折します。次の交差点「渡月橋」を右折します。左手に天龍寺の入口が見えます。

駐車場の料金

img_1749

天龍寺内の駐車料金は、午前7時30分~午後5時までで、車は1000円で前払いです。予約はできませんが100台収容できる規模です。

三条通に700円の所もありますから、決して安くはないですが、高くもないです。私は、嵐山観光する時は、天龍寺の駐車場に停めています。

まとめ

八方睨みの龍である「雲龍図」目的で来られる方も多いようですが、雲龍図自体は、人によってはあんまり・・・ってなる方もいらっしゃると思います。

やはり天龍寺の最大の見どころは、曹源池庭園だと思います。

はじめていかれる方は、きっと感動すると思います。非常にきれいに整備されていて気持ちがいいです。

天龍寺は、仮に、大人の方で「法堂(500円)+本堂(300円)+庭園(500円)」全部行かれると、1300円もかかりますので、サラッと見るだけの方は、庭園のみで大丈夫です。
※昔は、本堂は100円追加で参拝できました。つまり値上げされています。

黙っていても観光客がわんさか来るスポットですから、スタッフさんの対応とかは全体的に良くないですし、再入場もできないですし、jホスピタリティーの面ではどうかな?と感じます。外国人が本当に多いです。

あくまで、嵐山観光の1つのスポットとして捉えておくようなスポットであると個人的には思います。

 

\ SNSでシェアしよう! /

プライスレス京都|価値ある京都情報発信メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プライスレス京都|価値ある京都情報発信メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

プラ京編集部

プラ京編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 左京区でビブグルマンの洋食店ならキッチンごりら|学生カップル向け

  • 御所南エリアで安くておしゃれなランチ!しずく|ご飯おかわり自由!

  • シェイクシャック京都四条烏丸店は美味しいけど高い?|実食レポート!

  • イレモンヤ外観

    京都でおしゃれな入れ物をお探しならイレモンヤ|リアル店舗情報と行き方

関連記事

  • 車折神社と芸能人神社との違い|見どころをピックアップ!

  • 今宮神社のあぶり餅食べたら駐車場無料?|アクセスと見どころを紹介

  • 下鴨神社の見どころと車でのアクセス・駐車場|みたらし団子の味は?

  • 龍源院の見どころや料金|美しい石庭・枯山水を写真満載でご紹介!

  • 【話題沸騰】御金神社の福財布の購入方法と行き方・アクセス

  • 大徳寺の見どころと車での行き方・アクセス・駐車場を完全ガイド!